4年間行って知識を得よう|行政書士になるなら勉強が大事【独学でも資格を取得できる】

行政書士になるなら勉強が大事【独学でも資格を取得できる】

メンズ

4年間行って知識を得よう

大学生

それぞれの違い

幼稚園教諭になるには、幼稚園教諭免許状の取得が必要となります。この幼稚園教諭免許状は国家資格にあたり、大学院、4年制の大学、2年制の短大で取得できることが出来ます。ちなみに大学院であれば専修、大学なら1種、短大なら2種となっており、幼稚園教諭を募集している幼稚園によっては1種以上が必須の所もあります。最近では短大でも幼稚園の教諭資格を取得できる所もあります、では4年間大学に通うメリットは何になるのでしょうか。まず考えられる事は、幼稚園教諭と共に保育士の資格も取得出来る事、4年間しっかりと勉強できる事があげられます。特に幼稚園と言えばピアノを思い浮かべるのではないでしょうか。これも最初から弾ける人はほぼいないので、ゆっくり練習すれば良いのです。

勉強内容

幼稚園教諭になるためには多くのことを勉強する必要があります。ピアノはもちろん、折り紙やリトミックなど子供と一緒に遊ぶ内容の授業もあります。他には心理学や保育日誌、指導計画の書き方なども授業で勉強します。4年間大学でしっかりと勉強することで、幼稚園教諭と保育士の資格を取得出来る事が出来ます。また最近の大学では、今までの課程の他にもパソコンの授業を取り入れている学校もあります。日誌や月のお知らせなどは手書きでも、発表会や運動会のお知らせなどはパソコンで作成するため、授業に取り入れている大学も多いようです。実際に保育園や幼稚園でもこのスキルがあると助かるので、ワードやエクセルなどは積極的に勉強しておくと良いです。