言葉の大切さ|行政書士になるなら勉強が大事【独学でも資格を取得できる】

行政書士になるなら勉強が大事【独学でも資格を取得できる】

メンズ

言葉の大切さ

相談

新しい資格

言葉や聞こえの障害は、脳卒中による失語症、難聴、言語発達の遅れ、声や発音の障害など多岐にわたっています。言語聴覚士は言葉や聞こえに障害を持っている人に、機能の向上や能力の拡大を図るために、検査、評価、訓練、指導やその他の援助を行う専門職で、摂食や嚥下障害にも対応しています。言語聴覚士は国家資格になりますが、国家資格として制定されたのがまだ新しい専門職です。新しい職種だけに言語聴覚士の世界は、若さと夢を追及するエネルギーに満ち溢れています。21世紀は人間の時代、心の時代と言われています。このいずれにも言葉は重要な役割を果たして、言語聴覚士の活躍が期待されています。言語聴覚士を養成する学校も多くできてきています。

いろいろなことを学ぶ

言語聴覚士の免許を取得するためには、国家試験に合格しなければなりません。国家試験は全部で12科目あり、受験するためには一定の教育を受けて受験資格を得なくてはなりません。言語聴覚士になるためには、養成学校で数年間学んでさらに国家試験を受験するといった、高いハードルをクリアしなければなりません。受験資格を得るためには、高等学校を卒業した後に4年制の大学に進学するか、高校を卒業した後に4年制や3年制の専門学校に進学するか、一般の4年制大学を卒業した後に2年制の専門学校に進学するか決めなければなりません。養成学校では医学的な知識はもちろんのこと、心理学や認知科学、言語学や音声学、社会福祉や教育についての科目も、学ぶことになります。