保育の資格がとれる養成所|行政書士になるなら勉強が大事【独学でも資格を取得できる】

行政書士になるなら勉強が大事【独学でも資格を取得できる】

メンズ

保育の資格がとれる養成所

保育士

大学卒で得られるメリット

保育士を養成する学校には、大学と専門学校それから通信講座があります。どの教育課程を選択しても、取得できる保育士の資格は同じです。四年制大学や短期大学に行けば、小学校教諭や他の資格も同時に取得できる可能性が広がります。特に四年制大学の場合、学歴になるばかりでなく臨床心理士や特別支援教育教諭に加え、小学校と幼稚園教諭一種の資格が取れる点が大きいでしょう。それがあるおかげで四年生及び短大で保育士の勉強をした場合は、卒業後の就職先の選択肢が増えます。将来の就職先のことを視野に入れた勉強ができるということで、専門学校や通信講座よりも大学進学コースを選ぶ生徒が多くなっています。大学は入学費や学費がかかりますが、それだけ充実したカリキュラムが望めます。保育士も含め他いろいろな教育機関への就職先の選択が欲しいなら、こちらの進学先がもっとも最適といえるでしょう。

通信制大学という選択

保育士試験の受験資格は、短大か二年生の専門学校以上の最終学歴が必要になります。保育系の学科以外で学ぶ場合は、勉強のために余計な回り道をしてしまう可能性もあるでしょう。特に高卒の社会人が改めて資格を取りたいと考えた場合、専門学校や大学に入り直すのは大変です。それに費やす学費や通学時間など、考えなくてはいけない部分がたくさん出てくるでしょう。ただ通信大学の保育課程で学ぶ場合は、通学制の大学と違い学費もかかりませんし通学の時間も無駄に使わなくてすみます。さらに最短二年で修了できるうえ、卒業と同時に保育士の資格を得ることも可能です。もちろん学歴としても十分通用するので、就職の際にも有利に働きます。社会人として生活と勉強の両立を目指すのであれば、通信制大学も進学先として考えてみてもいいはずです。